僕は小さい頃両親に連れて行ってもらった映画の音楽に感動して指揮者になりたいと思った。そのあとプレスリーに触れてクラシックからロック、R&Bをプレイしたいと思った、それが「ひらめき」。「なぜ自分が今の自分であるか?」という答えになるもの、これを忘れてはいけないと思う。
 
そして大切なのは自分の先を「イメージ」出来る事。
大げさだと思うかもしれないけど、僕はゴダイゴを世界最強のバンドにしてやろうと思って作った。
そういう想い、理想を自分の「イメージ」におくことが大事。
基準を世の中にもつと苦しい。自分の基準をもつ人がアーティストなんだと思うし、それがモチベーションになるんだと思う。
 
最後に大切なのは「続ける」という事。
僕は40歳ぐらいのときに、それまで「音楽をやる為に生きている」と思っていたのが逆に「生きる為に音楽をやっている」と変化するのを感じた。
今はプレッシャーや悲壮感から解放されて、本当に音楽を楽しんでいる。
音楽はやればやるほど良くなるし、一生懸命追求していけば、感動を返してくれる。だからアダチ音研で学ぶ皆さんにも音楽をずっとやり続けて欲しい。
 
そしてその「続ける」なかで最初の「ひらめき」は忘れないでもらいたい。
 
「Mickie Yoshino Official Web Site」HP
hhttp://godiego.co.jp/LinkIcon

I and our sense of time and feel should always be your first priority.
Develope a consistent and challenging practice routine.
The Adachi Onken Bass School (Bass Gijuku) has great energy and
is a terrific learning environment.
Remember to always have fun!
 
私も含め、みなさんがベーシストとして最優先に考えなければいけないのは、タイム感とフィーリングのセンスの追求です。
これらを最優先した練習を一貫して日々休むことなく続けていくことが、ベーシストとして成長する第一歩です。
ベース義塾には、私の考える理想のベースを学ぶのに必要な有能なインストラクターや素晴らしい環境が整っていて、
何よりベースに対する熱い想いとエネルギーを感じます。
みなさんがベース義塾をきっかけに常に楽しくワクワクするベースが弾けるようになることを期待しています。


斎藤隆一には、僕がT-SQUAREを退団してフリーになってから
4~5年くらいライブの手伝いなどをしてもらっていた時期があります。
彼が18、19歳の頃、僕の教え子となり、
何だか元気の良いベースを弾く子だなあと印象に残っていて、
それでお願いしたんです。
家が近かったのもありましたけど(笑)
その頃から、隆一のことを悪く言う人はひとりもいなかったなあ!!
とにかく明るくて、みんなに可愛がられていました。
こないだ久々にライブに来てもらって・・・
サウンドチェックの時に弾いてもらったら、
当時とは比べ物にならないくらい凄いベーシストになっていました。
彼こそ、自分の勉強はもちろん、一生懸命にベースを教えることのできる人間だと思います。
 
Mitsuru Sutoh☆Home Page
http://www1.tmtv.ne.jp/~sutoh/LinkIcon


音楽を志す人は誰しも、音楽に“衝撃”を受け、「自分も音楽をやろう!」という気持ちになるのだと思います。
しかし、その“衝撃”を追い求めて音楽を追及していく途中には、いろいろな壁があるものです。
その壁を乗り越え、更に探求していく為には、適切なアドバイスと自分自身が真剣に音楽と向き合い努力する事が必要です。
アダチ音研のインストラクター陣やここに集まる人たちは、真剣に音楽を追求している人たちばかりで、
音楽を真剣に取り組むのに最適な環境だと思います。
 
音楽に“衝撃”を受け、追い求めている人も、
まだその“衝撃”に出会っていない人も、
この素晴らしい環境の中で見つけ、追い求めてほしいです!!


「可能性は無限大!!」
ドラム義塾、ベース義塾、GUITARの東大に、その言葉がピッタシだ!
 
代表の安達君とはTOMO藤田君の紹介で出逢った。
彼を筆頭にドラム義塾GMインストラクター西和、
ベース義塾GMインストラクター斎藤隆一、
そしてGUITARの東大インストラクター達の音楽に対する
情熱や志に関しては、目を見張るものがある。
 
自分のコミュニケーションの手段として楽器を学ぶということは、
日常に使っている言葉、表情以外に、もうひとつ違う表現方法を獲得するということである。
 
音楽とは、まさに音を楽しむこと。
音楽を学ぶことにより感性を無限大に広げていくことができる。
これがダイナミックレンジであり、音楽の中で一番大事なことだと私は思う。
表現方法が増えるということは、感性が豊かになり、
人に対してやさしくなれるということだ。
それが音楽の本来の骨格だと私は信じる。
 
プレイヤーを目指すもよし!
自分の人生のダイナミックレンジを広げるもよし!
すべて真正面から真剣に受け止め、一緒になって感じてくれるのが
ドラム義塾、ベース義塾、GUITARの東大だと思う。


 
 

僕は小さい頃両親に連れて行ってもらった映画の音楽に感動して指揮者になりたいと思った。そのあとプレスリーに触れてクラシックからロック、R&Bをプレイしたいと思った、それが「ひらめき」。「なぜ自分が今の自分であるか?」という答えになるもの、これを忘れてはいけないと思う。
 
そして大切なのは自分の先を「イメージ」出来る事。
大げさだと思うかもしれないけど、僕はゴダイゴを世界最強のバンドにしてやろうと思って作った。
そういう想い、理想を自分の「イメージ」におくことが大事。
基準を世の中にもつと苦しい。自分の基準をもつ人がアーティストなんだと思うし、それがモチベーションになるんだと思う。
 
最後に大切なのは「続ける」という事。
僕は40歳ぐらいのときに、それまで「音楽をやる為に生きている」と思っていたのが逆に「生きる為に音楽をやっている」と変化するのを感じた。
今はプレッシャーや悲壮感から解放されて、本当に音楽を楽しんでいる。
音楽はやればやるほど良くなるし、一生懸命追求していけば、感動を返してくれる。だからアダチ音研で学ぶ皆さんにも音楽をずっとやり続けて欲しい。
 
そしてその「続ける」なかで最初の「ひらめき」は忘れないでもらいたい。
 
「Mickie Yoshino Official Web Site」HP
hhttp://godiego.co.jp/LinkIcon

I and our sense of time and feel should always be your first priority.
Develope a consistent and challenging practice routine.
The Adachi Onken Bass School (Bass Gijuku) has great energy and
is a terrific learning environment.
Remember to always have fun!
 
私も含め、みなさんがベーシストとして最優先に考えなければいけないのは、タイム感とフィーリングのセンスの追求です。
これらを最優先した練習を一貫して日々休むことなく続けていくことが、ベーシストとして成長する第一歩です。
ベース義塾には、私の考える理想のベースを学ぶのに必要な有能なインストラクターや素晴らしい環境が整っていて、
何よりベースに対する熱い想いとエネルギーを感じます。
みなさんがベース義塾をきっかけに常に楽しくワクワクするベースが弾けるようになることを期待しています。


斎藤隆一には、僕がT-SQUAREを退団してフリーになってから
4~5年くらいライブの手伝いなどをしてもらっていた時期があります。
彼が18、19歳の頃、僕の教え子となり、
何だか元気の良いベースを弾く子だなあと印象に残っていて、
それでお願いしたんです。
家が近かったのもありましたけど(笑)
その頃から、隆一のことを悪く言う人はひとりもいなかったなあ!!
とにかく明るくて、みんなに可愛がられていました。
こないだ久々にライブに来てもらって・・・
サウンドチェックの時に弾いてもらったら、
当時とは比べ物にならないくらい凄いベーシストになっていました。
彼こそ、自分の勉強はもちろん、一生懸命にベースを教えることのできる人間だと思います。
 
Mitsuru Sutoh☆Home Page
http://www1.tmtv.ne.jp/~sutoh/LinkIcon


音楽を志す人は誰しも、音楽に“衝撃”を受け、「自分も音楽をやろう!」という気持ちになるのだと思います。
しかし、その“衝撃”を追い求めて音楽を追及していく途中には、いろいろな壁があるものです。
その壁を乗り越え、更に探求していく為には、適切なアドバイスと自分自身が真剣に音楽と向き合い努力する事が必要です。
アダチ音研のインストラクター陣やここに集まる人たちは、真剣に音楽を追求している人たちばかりで、
音楽を真剣に取り組むのに最適な環境だと思います。
 
音楽に“衝撃”を受け、追い求めている人も、
まだその“衝撃”に出会っていない人も、
この素晴らしい環境の中で見つけ、追い求めてほしいです!!


「可能性は無限大!!」
ドラム義塾、ベース義塾、GUITARの東大に、その言葉がピッタシだ!
 
代表の安達君とはTOMO藤田君の紹介で出逢った。
彼を筆頭にドラム義塾GMインストラクター西和、
ベース義塾GMインストラクター斎藤隆一、
そしてGUITARの東大インストラクター達の音楽に対する
情熱や志に関しては、目を見張るものがある。
 
自分のコミュニケーションの手段として楽器を学ぶということは、
日常に使っている言葉、表情以外に、もうひとつ違う表現方法を獲得するということである。
 
音楽とは、まさに音を楽しむこと。
音楽を学ぶことにより感性を無限大に広げていくことができる。
これがダイナミックレンジであり、音楽の中で一番大事なことだと私は思う。
表現方法が増えるということは、感性が豊かになり、
人に対してやさしくなれるということだ。
それが音楽の本来の骨格だと私は信じる。
 
プレイヤーを目指すもよし!
自分の人生のダイナミックレンジを広げるもよし!
すべて真正面から真剣に受け止め、一緒になって感じてくれるのが
ドラム義塾、ベース義塾、GUITARの東大だと思う。


 

お電話でお問合せ


 
【月~土日祝・年中無休】(電話受付時間:9時~19時)


メールでお問合せ


【24時間対応・12時間以内返信】
メールフォームが上手く作動しない場合は media@adachionken.net までメールでお問合せください。

所在地

株式会社アダチ音研
〒232-0072神奈川県横浜市南区永田東3-16-5 アダチ音研ビル
MAP~マップ~
Tel&Fax:045-711-8282

お電話でお問合せ


【月~土日祝・年中無休】(電話受付時間:9時~19時)


メールでお問合せ


【24時間対応・12時間以内返信】
メールフォームが上手く作動しない場合は media@adachionken.net までメールでお問合せください。
 

所在地

株式会社アダチ音研
〒232-0072神奈川県横浜市南区永田東3-16-5 アダチ音研ビル
MAP~マップ~
Tel&Fax:045-711-8282