作編曲技塾のレッスンで使用する教材は全て自分たちで制作しています、市販の本のコピーや他所が作った資料は使いません。教材は実際にそれを使用する、教える現場に立つインストラクターが常に研究し、開発するべきだと私たちは考えています。そして教材の研究開発のためにインストラクターがお互いに協力できる環境が必要になります。しかし、その環境をつくるのは他の音楽教室には難しいでしょう。だからこそ、その環境が持つ作編曲技塾の作る教材は「独自教材」と自信をもって言えるのです。
 

作編曲技塾のレッスンで使用する教材は全て自分たちで制作しています、市販の本のコピーや他所が作った資料は使いません。教材は実際にそれを使用する、教える現場に立つインストラクターが常に研究し、開発するべきだと私たちは考えています。そして教材の研究開発のためにインストラクターがお互いに協力できる環境が必要になります。しかし、その環境をつくるのは他の音楽教室には難しいでしょう。だからこそ、その環境が持つ作編曲技塾の作る教材は「独自教材」と自信をもって言えるのです。


作編曲技塾は「ポピュラー音楽理論」いわゆる「バークリーメソッド」を教える音楽教室です。音楽理論の教材として重要なのは誤解を招く理論名、表現を徹底的に排除することです。今日の音楽理論学習を難しくしている要因のひとつは音楽書によって理論名がまちまちであったりクラシックで使用される表現が混在してしまっている事だと私たちは考ています。そこでレッスンで扱う理論、表現は原典に忠実にし、英語名で統一を図るようにしています。
 

 
 

編曲(アレンジ)には音楽理論から実際に楽曲を組み上げる能力が必要になります。全ての基礎となるハーモニーアレンジ、旋律で装飾していく能力、様々な楽器やジャンルの知識などを通して、効果的に楽曲に活かすための方法論を学びます。教材もより実践的な内容となり実際に音符を書き込んでいくものが増えてきます。
 

作編曲技塾は「ポピュラー音楽理論」いわゆる「バークリーメソッド」を教える音楽教室です。音楽理論の教材として重要なのは誤解を招く理論名、表現を徹底的に排除することです。今日の音楽理論学習を難しくしている要因のひとつは音楽書によって理論名がまちまちであったりクラシックで使用される表現が混在してしまっている事だと私たちは考ています。そこでレッスンで扱う理論、表現は原典に忠実にし、英語名で統一を図るようにしています。


編曲(アレンジ)には音楽理論から実際に楽曲を組み上げる能力が必要になります。全ての基礎となるハーモニーアレンジ、旋律で装飾していく能力、様々な楽器やジャンルの知識などを通して、効果的に楽曲に活かすための方法論を学びます。教材もより実践的な内容となり実際に音符を書き込んでいくものが増えてきます。


作編曲技塾お問合せご不明な点ご質問などお気軽にお問合せください

メールでのお問合せ年中無休24時間受付12時間以内返信
メールフォームがうまく作動しない場合はmedia@adachionken.netまでメールでお問合せください
作編曲技塾お問合せご不明な点ご質問などお気軽にお問合せください