• HOME
  • >
  • 歌うための音楽理論

ヴォーカリストの為の音楽理論」

 
音程を出す以上、知識は歌う事の大きな手助けになります一つ一つの音には必ず音楽的な意味があります。それを理論的に理解できているからこそ、歌う事をより活かし、他の楽器との兼ね合いに繋がります。
 
全く同じ、例えば「ドレミー」というメロディーを次の響き(コード)の上で歌います。
 
一つはC,E,Gが構成音のコード「C」
もう一つはD,F,A,Cが構成音のコード「Dm7」
 
コード「C」の上で歌うとシンプルで分かりやすいのに対し、コード「Dm7」の上では歌いにくいかもしれませんが、最後の「ミー」にたどり着いた時の響きと歌との混ざり具合に緊張感を感じると思います。これは理論的に説明しますとテンションノートを歌った事になります。このように歌いながら様々な雰囲気を感じる事があると思います。知識がしっかりと身に付けば、それを活用でき、応用できます。
 
そうなることにより、もっと自由にフェイクしながら歌いたい。自分で作曲して歌いたい。ということに繋がります。音の知識を身に付け、歌う事に繋げてみて下さい。
 

作編曲技塾インストラクター・石山恵之亮

 
 
アダチ音研ではヴォーカルレッスンと併合して音楽理論を受講する事が可能です。

 
 

 

ヴォーカリストの為の音楽理論」

 
音程を出す以上、知識は歌う事の大きな手助けになります一つ一つの音には必ず音楽的な意味があります。それを理論的に理解できているからこそ、歌う事をより活かし、他の楽器との兼ね合いに繋がります。
 
全く同じ、例えば「ドレミー」というメロディーを次の響き(コード)の上で歌います。
 
一つはC,E,Gが構成音のコード「C」
もう一つはD,F,A,Cが構成音のコード「Dm7」
 
コード「C」の上で歌うとシンプルで分かりやすいのに対し、コード「Dm7」の上では歌いにくいかもしれませんが、最後の「ミー」にたどり着いた時の響きと歌との混ざり具合に緊張感を感じると思います。これは理論的に説明しますとテンションノートを歌った事になります。このように歌いながら様々な雰囲気を感じる事があると思います。知識がしっかりと身に付けば、それを活用でき、応用できます。
 
そうなることにより、もっと自由にフェイクしながら歌いたい。自分で作曲して歌いたい。ということに繋がります。音の知識を身に付け、歌う事に繋げてみて下さい。
 

作編曲技塾インストラクター・石山恵之亮

 
 
アダチ音研ではヴォーカルレッスンと併合して音楽理論を受講する事が可能です。

 

 


 
お問合せ・お申込みはこちら

 
お電話でお問合せ

 
メールでお問合せ

メールフォームが上手く作動しない場合は media@adachionken.net までメールでお問合せください。
 
株式会社アダチ音研・ヴォーカル技塾
〒232-0072神奈川県横浜市南区永田東3-16-5 アダチ音研ビル
Tel&Fax:045-711-8282
フリーコール:0120-977-474

 
 
 
 
 
お問合せ・お申し込み
 
株式会社アダチ音研・ヴォーカル技塾
〒232-0072 神奈川県横浜市南区永田東3-16-5
 
お電話でお問合せ
【月~土日祝・年中無休】(電話受付時間:9時~19時)

メールでお問合せ
【24時間対応・12時間以内返信】
メールフォームが上手く作動しない場合はmedia@adachionken.net までメールでお問合せください。